ほぼ日刊いきますわよ

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜怒哀楽のシャワー

<<   作成日時 : 2010/08/09 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりにむき出しの感情ってヤツに曝された。
そりゃ社会人になっても、悪意や揶揄なんていくらでもぶち当たるけど
そこは最低限の「越えてもいけない一線」ってのは守られているもんだし。

***********************************

その人(Aさんとする。お客である)との、初対面時。
「わぁ!うれしい、よろしくね。きゃー、うれしい」と少女のように腕をからめてきた。

別れ際
「明日も来るけど、よろしくね。陶子さん、頼っていいのよね?」
と言われ、「明日はオフなので別の者が担当します、ごめんなさい」というと
「なんでなの!そんなの納得できない!!」
と両手で二の腕を掴まれる。というかぞうきんのごとく絞られる。。
「大丈夫です、安心して来てください」となだめているうちに、旦那さんがお迎え。
すごく優しそうな人だった。
トイレでみると腕に指の跡がくっきりorz

2回目。
わたしのことは覚えている。ニコニコとうれしそう。
他の客が質問している間に、大声で割って入ってくる。
独占欲が強い。会場に殺伐とした空気が流れる。
少し前に聞いたことを繰り返し聞く、本に書いてあることを説明しているのに
同じことをメモにとらないと次へ進めない。
誤ってAさんの席(移動は自由なのでそんなものは本来ないが)に荷物を置いてしまった
新規の客に「わたしの席だよ!」と恫喝する。
本人に悪気はなくて、機能障害の一種なのかもしれない。

3回目。
運営に影響を及ぼすマナー違反があったので、次回から気をつけるようにお願いする。
なぜダメなのかという理由を掘り下げて聞いてくるので一つひとつに答える。
一度は納得したようなのに、数分後に拗ね、その後激しい怒りをぶつけてきた。
「するなというなら、絶対に○○してやるから!だってそっちがおかしいもの」
「申し訳ありません、私の一存ではルールは変えられません」
「あんだだけよ、そんな意地悪なこというのは。本当に本当に世界一意地悪な女ね!!」

・・これは、フジテレビの1時半の世界だろうか。

**************************************

こんな夜中だけど、宇治金時食べたいなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

喜怒哀楽のシャワー ほぼ日刊いきますわよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる