ほぼ日刊いきますわよ

アクセスカウンタ

zoom RSS 橋下知事が東北震災者の“西日本疎開作戦”を表明

<<   作成日時 : 2011/03/17 15:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

“西へ”

昨夜、大阪の橋下知事がツイッターにて言明。

橋下徹ツイッター
橋下徹Twilog=つぶやき内容のみ時系列にまとめて見られるもの

この内容が今日のお昼辺りから、ニュースサイトやSNSに流れ始めた。

大阪・橋下知事が“疎開作戦”――西日本で被災者を大規模受け入れ

東北の春はまだ遠い。
移動手段は受け入れ側で確保して、迎え入れるという。
関西広域連合と銘打ち、大阪以外の府県とも連携しての支援計画だ。
ちなみに連合長は、兵庫の井戸知事。

慣れない土地で東北の人はなじむのが難しいだの、転校先で子どもがいじめにあったら可哀想だの、被災地以外のネットユーザーが的外れな発言してるけど。
もう、そういうことを言っているレベルじゃないとおも。命と安全がかかってる。
自治体の権利を主張するだけでなく、自主的な判断に基づき社会的義務を果たそうとする、その行動力を支持する。

////////////////

大阪、和歌山では、岩手県民を
兵庫、京都、滋賀、徳島、鳥取で、宮城、福島県民を
受け入れたいとしている。

【参考リンク】

大阪府(被災者の方へ:受入等のご案内)
大阪については、3月22日より受付開始。

関西広域連合からの緊急声明※和歌山県HP内

兵庫県(被災者支援情報ページ:県営住宅の提供案内あり)

京都府(地震への府の対応状況:府営住宅の使用案内あり)

広島でも被災者への住宅提供を始めており、すでに親戚のもとへ避難してきた家族(原発から4キロの場所に住んでいた)が市営住宅への入居を決めたというニュースが流れていました。
上記の自治体と同じように、無償提供でさまざまなサポートが受けられるようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

橋下知事が東北震災者の“西日本疎開作戦”を表明 ほぼ日刊いきますわよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる