ほぼ日刊いきますわよ

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島県による被災者受け入れ施策(集団/個人)

<<   作成日時 : 2011/03/23 23:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日(3月22日)の、広島県の湯崎知事は東日本大震災の集団受け入れの検討をしていることを発表した。
施設については「避難場所に指定されているようなところや、宿泊施設を持っている設備を丸ごととか、そういうイメージになる」と話し、数日中に決定する方針という。
ソースはこちら:毎日JP−地域ニュース−広島

/////////////////////////

既に県営・市営・町営住宅をピックアップしているようですが、被災者を対象とした企業からの住宅提供(社宅・施設)などの募集を始めています。
県側から、既に県内の大きな企業には個別に要請をしているようです。
社宅に空き部屋がある、しばらく使用しない保養施設があるなどで被災者への支援を希望する企業は、是非申し出てほしいとのこと。
連絡先は、広島県住宅課直通 TEL:082−223−3436

テレビの情報番組で見たときは、これに加えて個人で支援したい場合、たとえば部屋が空いているとか、アパートをやっていて空き部屋があるとかのケースについてもやっていた。
そういう場合は、最寄りの不動産会
※(社)広島県宅地建物取引業協会または(社)全日本不動産協会に所属している会社に限る
へいったん相談してほしいそう。
たとえば、↑でリンクしている(社)広島県宅地建物取引業協会ホームページからだと、上部の物件検索というところから地域の不動産会社を見つけることができる。
そうやって提供された情報を県がとりまとめるという仕組みになっている。

引用資料はこちら 東北地方太平洋沖地震の被災者への社宅等無償提供について(PDF)

広島県から発表された、被災者と福島第1原発の事故の避難者に対する受入情報は以下で最新分まで全てを見ることができる。
個別記事が全部PDFなのが玉にきず(苦笑)

東北地方太平洋沖地震にかかる報道提供資料(広島県)

すでに広島の親戚を頼ってこられた方など、10数世帯が入居を決められたとか。
あと数日したら、県のホームページからも被災者向けの情報提供が始まる模様。
携帯からも見られるよう、分かりやすい状態で公開してほしいなぁ。

被災した国立大学学生の広島大学への受け入れ、高校生については公立高校への転入など、生活支援全般が打ち出されている。
こういうのは国からの支持を待ってないで先に準備をしておかないと、被災された方がどんどん疲弊していってしまうので賛成。
他の都道府県はどうなんだろう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

広島県による被災者受け入れ施策(集団/個人) ほぼ日刊いきますわよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる