アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ


3月以降の映画・ドラマ・音楽などなど

2011/06/19 21:12
ブログタイトルを月刊ないしは季刊にしないとならないような更新頻度になってしまった。
とはいえ、突如怒涛のように書くかもしれないし、なによりここは一番長く続いている場所なので現状維持、、っと。

/////////////////////////////

ごく個人的な、震災の影響。
映画やドラマの見方が前とまったく変わってしまったこと。
私は暴力的なシーンがとにかく苦手で、悲惨な場面では『これは映画だ、作り物だ』と自分に言い聞かせながら、それでも目を背ける傾向があった。
それが正反対になってしまった。
大震災後、何をみてもこれは現実ではないという安心感で大いにリラックスできる人になってしまった。

テレビシリーズをDVDで再見し、前作も劇場で見、あれほど楽しみにしていた「SP・革命篇」。
田中が無事だと分かったあたりから、爆睡してしまった。
気が付けば、井上と尾形の対決シーン。ここ一番緊迫するはずなのに。
どうせ撃たないよね?あんたら好き同志なんでそ・・これって?と、深い安堵感のなか(?)眠りについてしまった。

当地では上映館は少なかった「阪急電車」は、時間をやりくりして見に行ってしまった。
ポスターの宮本信子の笑顔が忘れがたいというか、彼女を映画でみるのも久しぶりだったしで。
すごい事件が起こるわけではないんだけど、一時も目が離せない映画だった。
人もたくさん出てくるし、こういう作りの話はどこかいらないエピソードがあったりしがちだけど、全部よかった。
それとも、人と人との関わりを軸に据えた話に飢えていたからなのか?

先週から公開された、「星を守る犬」
もう観る前から鬱映画だって分かってるから、普段なら絶対に観ないだろう映画。
いつか、もっと歳を取ったら旅行すべき場所として見逃していた東北がロケ地だと知って迷っている。
DVDでなく大きなスクリーンで、そして見るなら今年、美しい東北の風景を見ておくべきなんだろう。

////////////////////////////////

4月からのドラマでずっと見ているのは「マルモ」と「名前をなくした女神」
マルモは癒し系だけど、6歳で両親を亡くして他人に引き取られるっていう設定はかなり重い。
それを重く感じさせないストーリーはすごいし、何よりキャスティングがいい。
仁の裏ってことで、視聴率の呪縛に縛られないのがいい結果を招いたんだろう。
阿部サダヲはいい役者だけど、民法で主役っていうのはなかなかのサプライズだった。

名前をなくした〜はドロドロ系。
もうほんとにドロドロすぎて、何も考えずにドラマに身を任せるのがよしw
爽くんママを演じる尾野真千子が、秋からのNHK朝ドラ主演ってことで
新旧朝ドラヒロイン(倉科カナVS尾野真千子)の演技対決としても見ごたえがあった。
来週最終なのかぁ、、。久しぶりに、もっと長く見ていたいドラマだった。





記事へトラックバック / コメント


目覚めたら「オイっす!」

2010/07/18 22:54

「踊る大捜査線3」観てきた。
でも、映画レビューの体をなすことさえできない。。
なぜって、始まってから20分で夢の国へ行ってしまったから。

だってなかなか事件起こらないし。
いや、冒頭にバスジャックのシーンはあったけんど、ほぼ丸腰で突入する青島の姿には、リアルのかけらすらなく。
「ん?これなコント仕立てなのか?」と感じたあたりから、集中力がなくなった、というか集中する気が失せた。

気がついたら、ユースケサンタマリアが長さんの真似して「オイっす!」ってやってた。
キョンキョン、、姿すら見ないままorz
箱は満杯で、前のめりで食い入るように観ているファンでいっぱいだった。

・・・幸せな作品ってことだけは言える。
記事へトラックバック / コメント


2009/11/18 23:17
画像
お久しぶりのチクワ氏。4歳になりんした。
帰宅すると縁側でしっぽブンブン歓迎ムードを醸し出しますが、
いざ側にいってなでようとすると、どんびきします。
口の形がд(ロシア文字のデー)になってるwへっ!

画像
「おさわりするなら、ジャーキーをくれい!」

************************************

長嶋茂雄氏の回復ぶりは、同じように脳梗塞からの回復を目指す中高年の希望になっているらすぃ。
あそこまで自分も頑張ろうという目標になるのだそう。
土地柄、巨人アンチが多いのだけど、そういうの関係なく愛されてるなぁ。

************************************

近所の映画館では「This Is It」の上映回数が減っていて、仕事終わりに観るのが難しい状況に。。
本日レディースデーは、気になっていた「クリスマス・キャロル」を観ることに。
ちょうどTII終わりの客でトイレがごった返していたのだけど、二人連れの女の子の片方が泣き出した。
「ちょっと大丈夫?なんにツボったん?」
「いまどきの男の子で、あんな優しい人おらんよね(いないよね)」

・・マイケル。罪よのう。。

「クリスマス・キャロル」3Dで観たんですが、素晴らしかったです。
人間賛歌、ブラボー。涙と笑いで爽やかな気分。さすがディズニー。
ディケンスの世界がまんま再現されていて映像も美しかったー。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


季節の音/RCCで特番

2009/10/22 23:31
朝晩冷え込むようになったので、散歩時にチクワにトレーナーを着せることに。
このこは塀ぎりぎりを歩く癖がある。
なので、服をつけて3日間位は距離感が狂うらしく、
生地が塀にこすれるシャワシャワという音がする。
毎年、この音を聞くともうすぐ冬だなぁと少し寂しくなる。

見上げればオリオン座が際立つ夜空。明日も天気らしい。

*****************************

7月にテレビ神奈川で放映されたMJ特番が今夜RCC中国放送で放映される模様。
深夜1時開始〜3時。録画っと。

http://www.tvk-yokohama.com/kaisya/release/090702.pdf

*****************************

ムーンウォーカーのデジタル版公開が決まったようです。
TIIの公開後の飢餓感(?)に即座に対応かw
大画面で見られるのは素直にうれしいけど。

http://eiga.com/buzz/20091022/16
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


【雑感】奥様の耳はラバのよう

2009/10/14 03:40
一昨日、家の前の路上で夜中1時〜3時位まで若者数名が騒いでであまり眠れず。
昨日は夕方6時に1時間だけ仮眠とるべと横になったところ、目が覚めたら日付が変わって夜中の3時とかww
・・1日が長くなったと思おう。有効に使うべな。

**********************

YouTubeって著作権のチェック早いのね(当たり前か・・)
ここ、記事が多くなって見づらくなってきたなぁ。
ウェブリブってたたむ機能もないし、画像貼りも編集中にチェックできないしで使いづらいわぁ。
FCかアメーバの方がいいわ。

***********************

『私の中のあなた』鑑賞してきた。映画は、、一ヶ月ぶり位!?
キャメロンがちゃんとお母さんしてたわ。
訴訟だなんだと一見シリアスな印象を受けるけど、実際は家族愛を描いたヒューマンドラマ。
案の定ダダ泣きしてしまったわけだけど、再来週のリハだと考えて静かに鼻をすすってみた。
詰まった鼻からピーピー漏れる息の音が我ながらうるさい。
300席に20人ほどのガラガラ&後ろだったのでティッシュを鼻に突っ込んで口呼吸。
・・でも日曜・祭日の混雑時に観に来るかもしれない。
いっそ黒いマスクでも作って、地味にMJコスプレしてるふりをしてみるべか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【映画】HACHI 約束の犬、ナイトミュージアム2

2009/08/17 22:47
HACHI 約束の犬
画像
夏休みとはいえ、どこもかしこも吹き替えばっかりというのはどうなんでしょう?
リチャード・ギアの生セリフ「はぁち〜」がどうしても聞きたくて、字幕版上映館まで足を伸ばしました。
平日の夕方はやめという微妙な時間でしたが、私と同じ思いの人が多いのか座席はほぼ埋まっていました。

リチャード・ギアの声、ハチとのスキンシップ。
演技ではなく、本当に犬が好きで犬側も信頼を寄せている様子が伝わってきました。
ハリウッドリメイクにしては(!)、演出もシンプルで泣かせるあざとさもなく、それでも中盤からはあふれる涙を止めることができない。。
隣のご婦人(60台?)が、展開があるたびに独り言をいうのがアレでしたがw
(「あれまぁ」「寒いわよね」「ヨボヨボになっちゃって」)
もしかしたら、久しぶりに映画館に来たのかもしれず、それはそれで微笑ましいのかも。

しかしリチャード・ギアは素敵な年の取り方をしてますねー。
プリティーウーマンから恐ろしく時が経っているというのに。
もう生涯ダンディー賞、決定ですわ。

前にオリジナル邦画を観た事があるのですが、今回のほうが安心して見られて私は好きです。
だって悪い人がひとりも出てこないのだもの。
邦画では、実際のハチ公の過酷な部分(新聞に取り上げられて有名になるまでは子どもに苛められたり、野犬狩りに追われたりしたこと)も描かれてましたし。

アメリカでの公開は12月だそうで、アカデミー賞を視野にいれているのでしょう。
この静かで淡々とした作風がハリウッドで受け入れられるかどうかはなぞです。

ナイトミュージアム2
画像

足を伸ばしがてら、こちらも見てきました。
前作同様、小さな笑いがたくさん起こる楽しい作品だと思います。

・・アメリア役の女優さんがどうも奥様は魔女のサマンサに見えてしょうがなかったw(・・古っ)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハリポタ観てきた

2009/08/07 23:12
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を観にいった。
でも結局ロンがGFといちゃつき、ハーマイオニーが「吐き気がするわ」と
言ったシーンから爆睡してしまった。
青年期にはいって生臭く(?)なった登場人物たちに、興味がうせたというか。
これまで全作見てきたけど、多分これで御しまいにする。
謎のプリンスって結局なんぞ?イケメンだったら見ときたかったw

*********************

マイケル記事削除しました(2010/2/7)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


【映画@DVD】僕とボビーの大逆転/ユアン少年と小さな親友

2009/03/25 21:24


原題は”GREYFRIARS BOBBY:グレイフライヤーズボビー”
グレイフライヤーズはスコットランドの地名で、ボビーは主人公の犬の名前。
日本でいえば、”渋谷のハチ公”的な直球のタイトルなんですわ。
2005年公開当時は、僕とボビー〜だったようですが、なぜか現在の正式(?)邦題は
ユアン少年と〜になっているようでややこしい。
もう少しいい邦題をつけてくれたら、せめて一部に「犬」入れといてくれたなぁ、
たくさんの人に見てもらえたのにと思う。勿体無さ過ぎる。
もうすぐ公開の”マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと”は、逆に肩透かしな予感。。

いやいや、名前よりも内容について書きたかったんだわ。
これは150年まえのスコットランドで実在した、
飼い主の墓を守り続けた忠犬ボビーを描いた物語。
ユアン少年のくだりはフィクション入ってるでしょうが、
当時の社会情勢などボビーを取り巻く状況はリアルです。
飼い主のいないボビーが自由を得たのは何故か?
ただの動物お涙ものでないですぞ。
これはもう大人も子どもも一緒になって楽しめる名作。

最近見た中では(オリバーツイスト+ハイジ)÷2って感じの映像美を堪能できたです。
そしてなんといっても、これまで見た動物作品で一番といっていいくらい
主人公テリアの演技が神ww

暖かい涙と爽やかな感動に包まれること間違いなし。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【映画】マンマ・ミーア!

2009/02/24 22:13


予告を見てすごく楽しみにしてました。
ノリのいいABBAの曲とハッピーストーリー(勝手に予想)で
ストレス発散効果を期待して行ったわけです。

・・・うーーーん、うーーーーん。
素人以上、プロ未満の歌唱力であそこまで延々と歌うとは。
熟年組がぶっ飛びすぎてたのも正直げんなりしたです。
メリル・ストリープの無駄遣いと感じました。
演じる姿がもっと見たかった。

それでも、ボンドの中の人とメリルのデュエット&娘の身支度のシーンは
すごく良かったです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【映画】ハンサムスーツ

2008/11/02 18:37


ドランクドラゴンの塚地武雅(←名前かっけー)主演のラブ・コメディーです。
装着するだけでブサイクが一瞬にして、ハンサムへ変わるハンサムスーツ。
このぶっとびアイテムが物語の肝となっております。
さらりと見られて、全編くすくす笑いにときどき爆笑。
ちょっと考えさせられたり、しみじみするシーンもあり、退屈する暇がありませんでした。
なかなか面白かったですよ。

しかし、全編通して80年代色が濃いですわ。
主人公33才なんですけど、小中学生のころが一番楽しかったって
いう設定だろうか。(まだもてない悲哀が少ない時代だし)
映画の主題歌、ほぼマイレボリューションって感じですし。
例のアレなんて、まんまマシュマロマン@ゴーストバスターズのようなw

北川景子は清楚な役どころがはまってました。
なんだか、「手紙」でのエリカ様を思い出したです。

この映画はクレジットの後にちょっとした特典映像があります。
とはいえ「自虐の詩」のように、見ないと激しく後悔してしまう、
というほどのものではないですので安心めされ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


タイトル 日 時
【映画】グーグーだって猫である
【映画】グーグーだって猫である 大島弓子のエッセイ漫画が原作の本作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/24 23:26
【映画】カンナさん大成功です!/【TV】SP
【映画】カンナさん大成功です!/【TV】SP 今年最初の一本だけど、すでに今年最高になりそうな予感(はやっ) 原作よりできがいいというよりも、スケールとパワーがアップしている。 舞台も日本より韓国の方がしっくりきてる。 女性が若く美しくいることへの強迫感・悲壮感が日本の比ではないという現実があるから。 (10年くらい前に読んだ呉善花さん著の「スカートの風」よりうけた印象↑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/13 00:30
ゲキシネ「朧の森に棲む鬼」※ネタバレあり
金曜の仕事帰りにゲキシネ「朧の森に棲む鬼」を観にいってきました。 生の舞台を映像化し、映画として公開する形式をゲキシネと呼ぶらしいです。 料金はちょっと高めの2,500円。間に15分の休憩を挟んで4時間弱の鑑賞でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/20 22:13
映画:夕凪の街 桜の国
映画:夕凪の街 桜の国 こうの史代作同名のコミックが原作。 コミックは、廃刊直前の漫画アクションに「夕凪の街」35Pが掲載され、大きな話題を読んだ。 そのまま作品としては埋もれる運命だったが、口コミが大きなうねりを産み、続編「桜の国」も掲載した単行本は70万部と驚異的な売上。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/06 19:42
マッチョ犬&映画「舞妓Haaaaan」
マッチョ犬&映画「舞妓Haaaaan」 チクワに変な筋肉が付いてきました。首と胸が特にムチムチしてます。 内股気味でかわいかった前足が開き気味に。。 早朝のブートキャンプ疑惑がもたれています。 なにもかも父のせいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/28 23:22
ホリデイ
ホリデイ レディースディだったので、行ってきました〜。 最近見た中では、キャメロン・ディアスが一番輝いていた、、と思う。 キュートというよりも、スタイリッシュでイケてる女って感じで。 ケイト・ウィンスレットは、タイタニック以来で、温かみのある素敵な女性になってました。あい。 なんといってもジュード・ロウ。セクシーですわ。。くらくらする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/28 22:44
映画:DEATH NOTE デスノート the Last name
映画:DEATH NOTE デスノート the Last name 原作と異なる展開で驚かされた前作に続いて、どんな結末を見せてくれるのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/04 21:02
映画:プラダを着た悪魔
映画:プラダを着た悪魔 仕事に恋に頑張る貴女(あなた)にお勧め・・という切り口で予告されていたこの映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/11/28 20:02
映画:フラガール(3)
(3)と銘打ってはいますが、実は5回目の観賞だす。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/11/11 21:06
映画:サンキュー・スモーキング
映画:サンキュー・スモーキング オープニング映像が素敵過ぎる。 よく言えばディベート技術、悪く言えば口先三寸で状況がひっくり返る様子がうまく描かれてました。 おなかを抱えて笑うような場面はなかったですが、クスクス笑いとときたま起こるウィットに富んだ映画という感じ。 息子を演じる子役が、やはり子役時代のクリスティーナ・リッチ(アダムスファミリー長女)に似ておりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/09 19:32
映画:恋するトマト フラガールと一緒に考える
映画:恋するトマト フラガールと一緒に考える 「恋するトマト」を観てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

2006/10/25 21:42
映画:三年身籠る
映画:三年身籠る 突風に煽られてどんなにゆれても折れない葦のように、女の本質はしなやかで強い。 女性にお勧めの佳作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/18 18:36
映画:もしも昨日が選べたら
映画:もしも昨日が選べたら フラガールと同じく、思いがけない贈り物をもらったような、、そんな喜びをもらった良作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/10/11 22:00
映画:フラガール(2)
母を連れて、2回目の鑑賞をしてきました。 母が若き日をすごし私が生まれたのは、筑豊炭鉱のお膝元。 また、母自身下積み時代に2年間ほど炭鉱住宅に間借りしていたと聞いたので。 ボタ山、棟続きの炭鉱住宅、それにお風呂もとても懐かしがっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/10/04 18:45
映画:フラガール
映画:フラガール 最初から最後まで、平常心を保てない映画だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2006/09/26 19:16
石田衣良氏と痛みと
昨日、アキハバラ@DEEPを観にいった。 その中で、「殴られるのって意外と痛くないんだな」(ちょっとあやふや)という台詞が出てきて、ふいに石田衣良さんとの会話を思い出した。 あれはジオ授賞式の帰り、階下へ降りるエレベーターでご一緒したときのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/21 21:16
映画:チロリとタムラ(DVD)
ココリコの田中直樹主演。 少しベタなドラマとセラピードッグのドキュメンタリーを交互に見ているような不思議な映画です。 柴犬の雑種タムラの表情がすごくいいです。 セラピードッグとなったタムラはお年寄りや子どもと歩いたり、またはなでられたり。 知らない人間におとなしくなでられてるって、かなりしんどいことですよね。 敵(人間)、本気で触ってきますから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/01 14:00
デス・ノート1
「デス・ノート」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/21 19:16
映画:真夜中の弥次さん喜多さん(DVD)
いやあ、これは。はっちゃけてる。 人気絶頂のアイドル(長瀬)と名家のボンボン(七之助)をホモカップルにしたてて、しかもチュー。 薬中あり、殺人ありで、時代考証もメチャクチャ。 何の躊躇もない、演出が気持ちよかった。 だって勘九郎(現:勘三郎)にちょうちんブルマーはかせるってww ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/03 18:19
映画:ALWAYS〜三丁目の夕日〜(2)
先週末に両親を連れていってきました。 さらなる上映延長をしてくれた当地の劇場に感謝です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/03/26 21:21
映画:ALWAYS〜三丁目の夕日〜
本来ならとっくに打ち切りになっている、この映画。 近くのシネコンで今週末までということを知り、やっとこさ観にいってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/14 17:38
有頂天ホテル 小ネタ集
1回観ただけでは気づけなかったものばかり。 思い込みで間違っているところがあったらごめんです。 それに、まだ謎のままの部分もあったりして。 まぁシックスセンスの落ちに気づかなかった位の人ですから、ハイ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/29 08:36
映画:有頂天ホテル
一昨日、昨日と2日連続で観にいきました。 なんでそんなことするかって? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/20 20:57
映画:マザー・テレサ
映画を観にいってきました。 清貧ってこんなに美しくて尊いものだったんですね。 彼女のように美しく気高く生きられたらすばらしいだろうな、と誰もが思うことでしょう。 そのよりどころは厚い信仰心ですが、私のどこをひっくり返してもはたいてもでてきやしません。 勉強したり、働いたり、買い物したり、恋愛したり、どれもが自分のため、自己実現のためだけです。 信じる神を持たない自分を心もとないと思ったのはこれが初めての経験です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/01 00:44

トップへ | みんなの「映画」ブログ

アースマラソン応援バナー Poooh!
ほぼ日刊いきますわよ 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる