テーマ:演劇

夏の思い出。親族代表「りっしんべん」

8月に東京で久しぶりにあった友達。 お笑い・演劇とも初見の彼女をりっしんべんの最終日に引っ張っていった。 正直、期待7割と不安3割位だった。 蓋を開ければ、なにこれ、なにこれ?と目をこすり上げてしまうような新鮮でおもしろい舞台。 「よかったねー」と微笑みあいながら、手をふりあって別れた。 約2ケ月ぶりに件の友と話した。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

8/16(江戸7日目)

(7)国立演芸場 定例会中席 歌丸師匠がとりで出演するこの8月中席は、チケットがすぐに売り切れる。 前日に電話予約して出かける。ひとりだからら、一番前の席が取れた。 東京の寄席の中でもいちばん手ごろな価格ではないじゃろか。(当日2000 前売り1800) 映画と変わらない値段で半日楽しめるのはすごいと思う。 売店で勧められ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8/14(江戸5日目)

鈴本演芸場、満員御礼にて入れず。 池袋演芸場がちらりと頭に浮かぶが、みるんだったら夜の部の神田紫さんがいい。 今日はやめておこう。 銀座へ移動。カフェから人間ウォッチング。 (6)歌舞伎座 一幕見席という、30分~1時間程度見られる当日売りのチケットを目当てに行く。 席数は80席ほどで20分前から専用窓口にて並びます。見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8/13(江戸4日目)

新宿でぴこさんと待ち合わせ。 3年前には、会うまでに50分近くもかかった曰くつきの場所じゃ。 彼女はそのころに比べたら10キロも痩せて、また若返った模様。見習わなくては。 表参道ヒルズ お盆だというにすごい人出。 緩やかなジグザグの通路を通ってひととおり散策。 「知らないブランドばっかりだね。」「・・ねー。」 TORA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8/11(江戸2日目)

出光美術館 一階エレベーター前で、ヒデじい(ちびまる子ちゃんのね)みたいな初老の紳士が迎えてくれるのよさ。 警視庁~宮内庁~桜田門なんかか見える、大きな窓のあるレストルームで和む。 (無料のお茶サービスあり) (2)ダンス・オブ・バンパイア:帝国劇場 はじめてみる市村正親を楽しみにしていたのだけど、これは、、。 まったく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8/10(江戸1日目)

持っていこうとする洋服や靴が多すぎてトランクが閉まらない。 誰に見せるというのか、靴を3足も持っていって一体何をしようというのか。 東京へ1週間行くだけなのに、「上京」とか「お江戸に上る」という感覚にさいなまれるのはなぜなのか。 田舎ものの過度なおしゃれ、、これは見苦しい。 自分は行く前から東京に負けていると思う。 トラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニアミス?(親族代表)

りっしんべんの予約確認メールを見直してみたらば、、 13日(日)20:00~となっていた。 あれ?昼公演のはずなのに・・・ 問い合わせのメールを入れかけたけれど、この日は楽日で一本だけのはず。 ・・ただの間違いだよ、うんうん。 とひとりごち、みなかったことにしたのでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呆然・チケット取り戦いに敗れる

発売開始の10時を10分を越えていたけれども、そりゃわたしがとろくさいからなんだけれども。 イープラスはつながらない、ぴあはすでに発売終了。 8月のお盆前後に東京で観劇三昧生活をもくろんでいたのです。 あわよくば17日のバナナマンライブも絡ませようなんて。 ・・甘いって。砂糖水よりも甘いよ→自分。 小一時間ふて寝。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

男子はだまってなさいよ!⑤宇宙戦争

斉木さんと荒川くんがっ!!なにこれ面白そう。 笑いの琴線に触れてしまった。 興めるとかそういうレベルじゃないって。 んもう、観たい!観た過ぎる!!観せなさいってば!!! あぁ、、面白そうなものはすべて東京。いいな東京。にくいぜ東京。 夏に向けてせっせと稼がねば。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ダブリンの鐘つきカビ人間』in広島

いろんな驚きがたくさん詰まった公演でした。 感想を書くのが難しいほどに。 すべてのキャラクターがたっていて、とにかく楽しかった。 5分に1回は爆笑してたのじゃないかな。 コントみせが続くのかと思いきや、シビアなストーリーは淡々と進んでいく。 主人公の二人はあまり作らずに素直に演じていて、それがラブストーリーの部分を際立たせ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今週のお楽しみ

すぐそこのお楽しみは、週末の「ダブリンの鐘つきカビ人間」。 今回はひとの感想・レビューを一切みないで新鮮な気持ちで観にいこうと思ってる。 すじを追うよりも劇の世界観にどっぷりと身を浸しきってみたい。そんな感じ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more