テーマ:映画

3月以降の映画・ドラマ・音楽などなど

ブログタイトルを月刊ないしは季刊にしないとならないような更新頻度になってしまった。 とはいえ、突如怒涛のように書くかもしれないし、なによりここは一番長く続いている場所なので現状維持、、っと。 ///////////////////////////// ごく個人的な、震災の影響。 映画やドラマの見方が前とまったく変わってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目覚めたら「オイっす!」

「踊る大捜査線3」観てきた。 でも、映画レビューの体をなすことさえできない。。 なぜって、始まってから20分で夢の国へ行ってしまったから。 だってなかなか事件起こらないし。 いや、冒頭にバスジャックのシーンはあったけんど、ほぼ丸腰で突入する青島の姿には、リアルのかけらすらなく。 「ん?これなコント仕立てなのか?」と感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お久しぶりのチクワ氏。4歳になりんした。 帰宅すると縁側でしっぽブンブン歓迎ムードを醸し出しますが、 いざ側にいってなでようとすると、どんびきします。 口の形がд(ロシア文字のデー)になってるwへっ! 「おさわりするなら、ジャーキーをくれい!」 *********************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節の音/RCCで特番

朝晩冷え込むようになったので、散歩時にチクワにトレーナーを着せることに。 このこは塀ぎりぎりを歩く癖がある。 なので、服をつけて3日間位は距離感が狂うらしく、 生地が塀にこすれるシャワシャワという音がする。 毎年、この音を聞くともうすぐ冬だなぁと少し寂しくなる。 見上げればオリオン座が際立つ夜空。明日も天気らしい。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【雑感】奥様の耳はラバのよう

一昨日、家の前の路上で夜中1時~3時位まで若者数名が騒いでであまり眠れず。 昨日は夕方6時に1時間だけ仮眠とるべと横になったところ、目が覚めたら日付が変わって夜中の3時とかww ・・1日が長くなったと思おう。有効に使うべな。 ********************** YouTubeって著作権のチェック早いのね(当たり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【映画】HACHI 約束の犬、ナイトミュージアム2

HACHI 約束の犬 夏休みとはいえ、どこもかしこも吹き替えばっかりというのはどうなんでしょう? リチャード・ギアの生セリフ「はぁち~」がどうしても聞きたくて、字幕版上映館まで足を伸ばしました。 平日の夕方はやめという微妙な時間でしたが、私と同じ思いの人が多いのか座席はほぼ埋まっていました。 リチャード・ギアの声、ハチと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリポタ観てきた

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を観にいった。 でも結局ロンがGFといちゃつき、ハーマイオニーが「吐き気がするわ」と 言ったシーンから爆睡してしまった。 青年期にはいって生臭く(?)なった登場人物たちに、興味がうせたというか。 これまで全作見てきたけど、多分これで御しまいにする。 謎のプリンスって結局なんぞ?イケメンだったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【映画@DVD】僕とボビーの大逆転/ユアン少年と小さな親友

原題は”GREYFRIARS BOBBY:グレイフライヤーズボビー” グレイフライヤーズはスコットランドの地名で、ボビーは主人公の犬の名前。 日本でいえば、”渋谷のハチ公”的な直球のタイトルなんですわ。 2005年公開当時は、僕とボビー~だったようですが、なぜか現在の正式(?)邦題は ユアン少年と~になっているようでやや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【映画】マンマ・ミーア!

予告を見てすごく楽しみにしてました。 ノリのいいABBAの曲とハッピーストーリー(勝手に予想)で ストレス発散効果を期待して行ったわけです。 ・・・うーーーん、うーーーーん。 素人以上、プロ未満の歌唱力であそこまで延々と歌うとは。 熟年組がぶっ飛びすぎてたのも正直げんなりしたです。 メリル・ストリープの無駄遣いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【映画】ハンサムスーツ

ドランクドラゴンの塚地武雅(←名前かっけー)主演のラブ・コメディーです。 装着するだけでブサイクが一瞬にして、ハンサムへ変わるハンサムスーツ。 このぶっとびアイテムが物語の肝となっております。 さらりと見られて、全編くすくす笑いにときどき爆笑。 ちょっと考えさせられたり、しみじみするシーンもあり、退屈する暇がありませんで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【映画】グーグーだって猫である

大島弓子のエッセイ漫画が原作の本作。 彼女の代表作『綿の国星』は、買ってから20年以上たつのに どうしても手放せない作品のひとつ。 いつ読み返しても新たな感動をもらえる。 粗相(人間になるための訓練だけどw)をしたチビ猫の頭を叩いてしまった、 浪人生の時夫が 「小さな頭をたたいてしまった手の感触のどえらい痛み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【映画】カンナさん大成功です!/【TV】SP

今年最初の一本だけど、すでに今年最高になりそうな予感(はやっ) 原作よりできがいいというよりも、スケールとパワーがアップしている。 舞台も日本より韓国の方がしっくりきてる。 女性が若く美しくいることへの強迫感・悲壮感が日本の比ではないという現実があるから。 (10年くらい前に読んだ呉善花さん著の「スカートの風」よりうけた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゲキシネ「朧の森に棲む鬼」※ネタバレあり

金曜の仕事帰りにゲキシネ「朧の森に棲む鬼」を観にいってきました。 生の舞台を映像化し、映画として公開する形式をゲキシネと呼ぶらしいです。 料金はちょっと高めの2,500円。間に15分の休憩を挟んで4時間弱の鑑賞でした。 舞台をそのままといっても、タイトルクレジットからアングルからかなり凝ってました。 全体の迫力に加え、重要な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画:夕凪の街 桜の国

こうの史代作同名のコミックが原作。 コミックは、廃刊直前の漫画アクションに「夕凪の街」35Pが掲載され、大きな話題を読んだ。 そのまま作品としては埋もれる運命だったが、口コミが大きなうねりを産み、続編「桜の国」も掲載した単行本は70万部と驚異的な売上。 ”ぜんたい この街の人は 不自然だ” この映画を観に来ている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッチョ犬&映画「舞妓Haaaaan」

チクワに変な筋肉が付いてきました。首と胸が特にムチムチしてます。 内股気味でかわいかった前足が開き気味に。。 早朝のブートキャンプ疑惑がもたれています。 なにもかも父のせいです。 映画観にいってきました。 阿部サダヲが元恋人の柴崎コウが舞妓になっているのに気付かない設定がかなり不審でしたが、自分も字幕を見るまで酒井若菜が舞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホリデイ

レディースディだったので、行ってきました~。 最近見た中では、キャメロン・ディアスが一番輝いていた、、と思う。 キュートというよりも、スタイリッシュでイケてる女って感じで。 ケイト・ウィンスレットは、タイタニック以来で、温かみのある素敵な女性になってました。あい。 なんといってもジュード・ロウ。セクシーですわ。。くらくらする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画:DEATH NOTE デスノート the Last name

原作と異なる展開で驚かされた前作に続いて、どんな結末を見せてくれるのか? ・・完璧でございます。 原作での喪失感を補ってあまりある結末でした。 Lが崩れ落ちた時は、正直胸が痛かった。 わたしはにわかファンなので、デスノートの評判もファンも動向もよく分かりません。 キラもLも同じくらいカリスマ性を持って描かれてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画:プラダを着た悪魔

仕事に恋に頑張る貴女(あなた)にお勧め・・という切り口で予告されていたこの映画。 いちばん頑張っていたのは、主人公アンディに立場を危うくされかけた第一アシスタントだったような気がする。 アンディときたら、ちゃっちゃっと綺麗になって、彼との関係も結果オーライ、数ヶ月で辞めた仕事の実績が認められて次の仕事も華麗にゲット、、っ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

映画:フラガール(3)

(3)と銘打ってはいますが、実は5回目の観賞だす。 地元での上映が金曜に終了と知り、仕事帰りに駆けつけるも開始からすでに1時間以上経過。 シネコンではこういう場合、つれなく断られること多し。 ちょうど「手紙」の開始時間が迫っていたので、こちらの券を購入して入場。 フラガール上映のスクリーンに入る。 (心構えとしては、トイレ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

映画:サンキュー・スモーキング

オープニング映像が素敵過ぎる。 よく言えばディベート技術、悪く言えば口先三寸で状況がひっくり返る様子がうまく描かれてました。 おなかを抱えて笑うような場面はなかったですが、クスクス笑いとときたま起こるウィットに富んだ映画という感じ。 息子を演じる子役が、やはり子役時代のクリスティーナ・リッチ(アダムスファミリー長女)に似ておりまし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画:恋するトマト フラガールと一緒に考える

「恋するトマト」を観てきました。 今の日本が抱える悲劇を真正面から描いた作品といえましょう。 そういう意味では再生を感じさせるフラガールよりも重い。ハワイアンリゾートが成功しているのは周知の事実だし。 2005年製作だって。他でやってない、または終わった作品をかけてくれるご近所シネコンにまず感謝をば。 フラガール…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

映画:三年身籠る

突風に煽られてどんなにゆれても折れない葦のように、女の本質はしなやかで強い。 女性にお勧めの佳作。 この作品全国ロードショーは終わっているのに、なぜか地元の映画館でつい先日封切りされました。 公式サイトで見ると本当にもう一館でしかやってない・・。 中島知子(オセロ)が臨月の妊婦役で主演をしています。 フラガール…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画:もしも昨日が選べたら

フラガールと同じく、思いがけない贈り物をもらったような、、そんな喜びをもらった良作。 前半のコミカルな展開と中盤の胸に迫るシーンの対比がもう最高。 結末も後味が良かった。 笑って、泣いて、笑って、気持ちよくシアターを後にした。 俳優さんをもっと有名どころにしたら、あとHの描写をちょっと気をつけたら。 (いやコミ…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

映画:フラガール(2)

母を連れて、2回目の鑑賞をしてきました。 母が若き日をすごし私が生まれたのは、筑豊炭鉱のお膝元。 また、母自身下積み時代に2年間ほど炭鉱住宅に間借りしていたと聞いたので。 ボタ山、棟続きの炭鉱住宅、それにお風呂もとても懐かしがっていました。 炭鉱での作業は交代制なので、炭住にあるお風呂は24時間焚きっぱなしでいつでも入れたそ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

映画:フラガール

最初から最後まで、平常心を保てない映画だった。 前半で飲んでいるコーヒーを噴出してしまい、シャツの前が大変なことに。 しみ隠しのために上着をきっちりと着込んだ。 後半は泣くのに忙しくて、↑の粗相をすっかり忘れ。 ラストのダンスで体が熱くなり(興奮?)上着を脱いでしまう。 隣で見ていた女性が踊りのシーンで体を揺ら…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

石田衣良氏と痛みと

昨日、アキハバラ@DEEPを観にいった。 その中で、「殴られるのって意外と痛くないんだな」(ちょっとあやふや)という台詞が出てきて、ふいに石田衣良さんとの会話を思い出した。 あれはジオ授賞式の帰り、階下へ降りるエレベーターでご一緒したときのこと。 母と私の乗ったエレベーターに一人で駆け込んでらしたのだ。 包帯でぐるぐる巻きの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画:チロリとタムラ(DVD)

ココリコの田中直樹主演。 少しベタなドラマとセラピードッグのドキュメンタリーを交互に見ているような不思議な映画です。 柴犬の雑種タムラの表情がすごくいいです。 セラピードッグとなったタムラはお年寄りや子どもと歩いたり、またはなでられたり。 知らない人間におとなしくなでられてるって、かなりしんどいことですよね。 敵(人間)、本気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デス・ノート1

「デス・ノート」 先週、映画を観にいった時に予告が流れてすごくおもしろそうだなと思いました。 (先週観たのはトリックですが、いつものアレな奈緒子とトホホの上田で特筆すべきことはなしw) 原作があったら、ぜひ読もうと書籍検索をして探すもなし。 ・・3日後に本屋で気づきました。少年誌連載の漫画だったんです。そりゃないって。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画:真夜中の弥次さん喜多さん(DVD)

いやあ、これは。はっちゃけてる。 人気絶頂のアイドル(長瀬)と名家のボンボン(七之助)をホモカップルにしたてて、しかもチュー。 薬中あり、殺人ありで、時代考証もメチャクチャ。 何の躊躇もない、演出が気持ちよかった。 だって勘九郎(現:勘三郎)にちょうちんブルマーはかせるってww おぎやはぎとぐっさんがいつもの芸風で出演して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画:ALWAYS~三丁目の夕日~(2)

先週末に両親を連れていってきました。 さらなる上映延長をしてくれた当地の劇場に感謝です。 当日の様子をここに書きかけたのですが、思うところがあり映画の公式サイトに設置されている掲示板に投稿してきました。 土曜の夜遅くにも関わらず、関係者が目を通してチェックしてくださっている様子。 (タイプミスを直した2回目の投稿だけが1時間…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more